神社 アニメ

神社は、日本の風景になくてはならないもののひとつです。そのため、日本国内を舞台にしたアニメにも、多く登場します。とくに最近では、実在の土地をモデルにしたものも多数存在し、アニメを切っ掛けとした町おこしにも役立っているのです。

 

そのようなアニメに登場した実在のものとして、もっとも有名なのは、「らき☆すた」における鷲宮神社があげられます。4人の主人公のうち、2人がこれをモデルとしている、鷹宮神社の宮司の娘という設定で、物語の中にもたびたび登場します。モデルといっても、ほぼ実在の建物や土地そのままを使っており、そのため、現在でも「らき☆すた」は地元の観光資源のひとつとなっているのです。

 

映画化もされ、爆発的な人気を呼んだ「ガールズ&パンツァー」にも登場しています。それは大洗磯前神社といい、長い階段を上ると、大洗の海が見える景観スポットでもあります。劇場版では、この階段から下へと戦車が駆け下りる印象的なシーンがあり、いわゆる聖地巡礼の定番コースとなっています。この人気を受けて、アニメのキャラクターが大きく描かれた巨大絵馬や、訪れたファンが残していったイラストつきの絵馬などが奉納されています。

 

神社を題材にしたアニメもあり、少女と狐の交流を描く「ぎんぎつね」では久富稲荷神社が、少女の姿をした神と少年の出会いを描く「かんなぎ」では、鼻節神社をモデルとしたものが舞台となっています。また、最近大きな話題となっているアニメ映画「君の名は」では、須賀神社とその階段が、キービジュアルと共に、印象的なクライマックスシーンにも使われています。

 

アニメを見るときは、これらのことにも気を配って視聴すると、さらに奥深い楽しみを得ることができるのです。