神社 バイト 巫女

バイトをする人の姿を見て憧れを抱くことは多々ありますが、神社で巫女さんとして働きたいと考える人の多くは憧れが強い傾向にあります。しかし神社の巫女のバイトを情報誌などで見たことがないと感じている人もいるでしょう。

 

実は巫女のバイトは一年中を通して実施されているところは少なく、忙しい正月に向けて臨時で雇っている神社がほとんどです。
しかも以前に働いてくれた人を中心の声をかけていくところも多く、リピーターで巫女のバイトをしている人も多数存在します。雇う側としても一度働いてもらっている人のほうが教える手間が省けるメリットがあるため、新しく雇ってもらうにはコツがいります。

 

まず一つ目が身なりです。神社は日本古来よりある神聖な場所なので、派手な服装を嫌う傾向がとても強いためです。
規則として茶髪やパーマを禁じているもちろんですが、はっきりとしたルールがないところでもバイトとして雇ってもらう以上は注意するのが妥当です。その他にもアクセサリー類や化粧の仕方にも言及してくる神社も存在するので、指摘された場合は即座に直していくのが無難でしょう。

 

次が言葉遣いです。
言葉遣いを気にする雇い先は数多く存在しますが、特に神社は伝統などを重んじるので注意します。ため口ではなく敬語を使うように意識するだけでも効果があります。

 

そして一番重要なのは、巫女のバイトの拘束時間です。
神社によってまちまちですが、24時間交代制でシフトを組んでいるところも存在しますし、勤務日数も場所によって変化します。友達や家族と一緒に正月を過ごしたいといった希望がある場合は、神社のアルバイトは不向きと言えるでしょう。逆に他の業種が休みがちがこの時期に働く場所としては、巫女はとても有益な短期アルバイトです。