神社 検定

神社や日本の文化に興味があり、勉強をして、その証しが欲しい人達のために、神社検定(神道文化検定)があります。年に1回の試験があり、受検資格はありません。3級、2級、1級とあります。3級と2級は併願出来て、2級からでも受検をすることが出来ます。
公式テキストから100%出題されますので、それぞれの級の問題を知り、自分に合った級から始めることが必要なこととなります。合格の基準は、どの級も、100問中70問以上の正解があることです。
受検料は、早期にWebで申し込みをすると、割引きがありますので、受検の意志がある人達は、早い時期に申し込みをすると有意義です。
合格した場合には、成績と一緒に、絵馬型認定証が郵送されます。級によって、認定証のサイズは違います。伊勢神宮の御用材となる、木曽ひのきを使用していることから、合格した場合には、よい記念となります。
また、合格者には、優待ツアーなどの紹介もされます。神社めぐりツアーなど、神社好きの人達には魅力となる優待企画が紹介されますので、楽しみとなります。
また、希望によって、合格者には認定カード、紙製の認定証、認定バッヂなどを申し込むことが出来ます。それぞれ有料ですが、自分の好みの認定証を受け取ることが出来るようになっています。
平成24年から始まった神社検定は、毎年1回、継続して行われています。神社が好きで、神社についての歴史や意味を深く知りたい人達には、様々な特典もあるため、受検をしてみると楽しむことが出来ます。
認定証も手に入れることが出来るため、自分をアピールする際に、よい話題として提供することが出来ます。1年に1回の試験ですので、よく勉強をしてから受けることが出来ます。